トップ

乾燥などによる肌の弾力の低下が原因

女性にとってお肌の悩みは身近なもので、どなたでも何かしら気になる部分があるものです。しかし、年齢が少しずつ上がるにつれてお肌の悩みも変化してきます。20代の頃には気にもならなかったのに、最近は顔がたるんで見えるのが気にかかる。という方も多いかと思います。顔がたるんでいると疲れている印象を与えますし、実年齢よりも老けた雰囲気になってしまいます。

また、頬の筋肉がたるんでいるとほうれい線ができる原因にもなります。ほうれい線は年齢を感じさせる大きな要素ですから、是非とも顔のたるみは改善していきたいですね。ここでは、たるみ肌になる原因とその改善策を具体的にご紹介していきます。

たるみ肌の原因はいくつかありますが、まず肌の弾力の低下があげられます。皮膚は上から表皮、真皮、その下に皮下組織と3層に重なっており、2番目の真皮層にはコラーゲン、エラスチンなどのタンパク質があります。これらはバネのような構造しており肌のハリを作っているのですが、質が低下するとお肌がハリを失ってたるみ肌になるのです。

コラーゲンやエラスチンの質はなぜ低下するのでしょう。要因は色々ありますが、紫外線や乾燥はタンパク質の質に大きく影響します。紫外線は真皮にまで届いてコラーゲンやエラスチンを破壊します。するとバネの働きができなくなってお肌はたるんでしまいます。また紫外線は肌細胞のバランスを崩し、角質層を乾燥させてハリを失わせるのです。たるみ肌を改善するにはスキンケアで保湿をすることが大事です。保湿不足のためにたるみが改善しないのかもしれません。たるんでしまったお肌の保湿ならこちらを読んでみて下さいね。

また、皮下脂肪が肥大すると筋肉がその重みを支えきれなくなり、皮膚がたるんでくることもあります。お肌の新陳代謝は年齢とともに遅くなってきますが、お顔の皮下脂肪も例外ではありません。新陳代謝のスピードが落ちることで細胞が肥大化し、重くなってくるのです。

表情筋の質の衰えも影響します。筋肉は体の他の部分では骨に付いているものですが、顔の表情筋は皮膚に付いています。表情筋の質が低下するとその上に乗っている皮下脂肪を支えきれなくなるのです。

Copyright © たるみ肌の原因は保湿不足. All rights reserved.